趣味を通した出会い、趣味コン婚活サービスをお探しなら、ときめきゅん♡趣味婚サービスにご相談下さい。 当社の趣味コン・趣味婚サービスは趣味を通じた自然な出会いからのマッチングを行っています。 また、遠方にお住まいの方にはマッチングの段階からSkype(スカイプ)を利用した婚活のSkype(スカイプ)婚、障碍者(しょうがいしゃ)様同士のカップル、障碍者様と健常者様のカップルを目指される方向けのバリアフリー婚のサービスを提供しております。 花巻市へのIターンUターン希望者様にはお得な料金プランを適用致します。ご成婚し、挙式を挙げる際には8万円のキャッシュバック等様々な祝福サプライズをご用意しております。 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:090-4072-6434
受付時間 11:00~19:00(年中無休)
公開日:2018年10月19日
最終更新日:2018年10月25日

都会での生活に疲れた…農村での婚活のススメ


現在、都会で生活をしていて婚活をしているけれども中々良い人に巡り合えないという方や、もう都会での生活に疲れてしまっていて田舎でのんびりとした暮らしに憧れているという方もいるかもしれません。

そんな時には農家の男性との結婚を視野に入れてみるのはいかかでしょうか。

今回は農家の男性と結婚するメリット、田舎暮らしの良さについてご紹介します。

農家や農村では女性が減少している!?未婚の男性も多い



(出典:農業・農村における女性の減少理由の分析 – 農林水産省)

農林水産省のデータを見てみると、1戸あたりの農家の世帯員数は男性と比べて女性の減少が顕著になっています。

特に結婚適齢期の「25~44歳」の女性の割合が低くなっています。

(出典:農業・農村における女性の減少理由の分析 – 農林水産省)

また、農村地域における男性の農業就業者の未婚率は上昇傾向にあります。

以上のデータから農村では結婚適齢期の女性の数が少なく、農業を営んでいる男性は未婚の方が多くなってきているということが分かります。

農家に嫁ぐのは大変!?農家に嫁ぐことを躊躇してしまう理由とは

このように近年では農村・農家における女性の割合が少なくなっていることから農業体験を通じての婚活イベントなども開催されるようになってきています。

しかし、結婚適齢期の女性にとっては田舎の農村で暮らしたり農家の男性と結婚するということにマイナスのイメージを持っている方もいるようです。

女性が農家に嫁ぐことを躊躇してしまう例を挙げてみます。

このように今挙げたような理由で農家の男性とお付き合いをして農家に嫁ぐということに抵抗を持っている方も多いようです。

農家の男性と結婚するメリットとは?

上記に挙げたように農家の男性と結婚することに抵抗を感じている方もいるかもしれません。

しかし、農家の男性と結婚して田舎暮らしをすることでしか味わえない良さもあるのです。

都会に比べて家賃が安い、新鮮な農作物が手に入るので生活費を抑えることができる


田舎で家を借りる場合、都会に比べ安く借りることができるので都会で生活していた時と比べて家賃がかかりません。

また、田舎は土地の値段も安いので、一軒家を建てることも夢ではありません。

農家ということで食べるものは自分たちで作ったものを食べるので、食費を抑えることができます。

近所の人との付き合いで野菜などの農作物を頂けることもあるので、いつでも新鮮で美味しい物を食べることができます。

農家の仕事は仕事と生活のバランスが取りやすい

農家のイメージとして1年中忙しく休みが1日もないというイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、農家の仕事は季節や天候に左右されるので繁忙期は忙しい時もありますが、忙しさには波があります。

実は時間を自分たちで自由にコントロールできるというメリットがあるのです。

繁忙期にはしっかりと働いて、閑散期には家族との時間をゆっくりと過ごすというような時間の使い方もできるのです。

周りに子供の面倒を見てくれる人が沢山いるので、子育てで孤立しない


結婚して子供を持つということになった時に子育ての環境というのはとても大切です。

そんな子育てする環境においても、農業を営む田舎ならではの良さがあります。

田舎暮らしですと夫の両親をはじめ、近所の人や友達夫婦など常に周りには子供の面倒を見てくれる人がいるので、子育て中であっても孤立することがありません。

都会の核家族で子育てをしていると、密室に閉じこもって子どもと二人きりになり、孤立した育児になってしまうこともあります。

そんな中での子育ては精神的に追い詰められてしまうこともあるかもしれません。

しかし、田舎暮らしでいざとなった時も誰かが助けてくれるという環境の中だと安心して子育てをすることができるのではないでしょうか。

また、子どもを保育園に預けるとしても待機児童の問題はほぼありませんし、費用も安く済みます。

自分の能力を発揮してやりたいことが実現できる

都会で働いていると得意なことややりたいことがあってもうまく生かせなかったり、埋もれたりしがちです。

しかし、農家に嫁いで農業を始めることで思いがけず自分のやりたかったことが実現できることもあります。

例えば料理が得意であれば作成した農作物を使ったお菓子やお弁当を作成して、インターネットやマルシェ等で販売してみることもできます。

また、近所で料理教室を開催して料理を教えることもできるかもしれません。

田舎では都会での生活で磨いてきた自分の能力を生かせる場がまだまだ多く存在します。

思い切って自分のやりたいことが実現できるのも田舎のメリットと言えるのではないでしょうか。

農コンなど、農家体験もできる農家婚活に参加してみませんか?

このように農家の男性と結婚するということは必ずしも悪いことばかりという訳ではありません。

農家に嫁ぐということは向き不向きはありますが、農家に嫁いで田舎での暮らしで得られるメリットとデメリットを良く見極めながら、農家の男性との結婚を視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事の著者

伊藤順一
記事一覧

著者一覧